社員インタビュー INTERVIEW

thumbnail
グロースハック事業部
開発部
マネージャー/プログラマー

澤田 圭亮

2016年4月入社

プログラマーとしての業務を始めたきっかけ

実は、私は20代前半までパソコンなんてほぼ触ったことはありませんでした。それでもDTPデザイナーになりたいと思いがあったので、パソコン教室でPhotoshopやIllustratorを勉強し始めました。
デザインの勉強を始めてしばらく経ったとき、デザインの奥深さや難しさという壁にぶつかり、正解がわからなくなって挫折してしまったのです。ちょうどそのタイミングで、今度はHTMLに関する授業が始まりました。結果的に、デザインもプログラミングも色々学んでみたのですが、プログラミング業務でWEBに携わっていくことが自分にとって一番合っていると確信し、プログラミングを仕事にすることを決めました。

開発部の業務内容について

開発部の現在の業務は大きく分けると、クライアント様のシステム構築をはじめとした社外案件と、社内インフラの整備といった2つの軸があります。
私が現在担当しているのは、クライアント様の顧客管理システムの構築です。顧客情報の整理や把握に手間がかかっているというクライアント様の悩みを解決すべく、より使いやすいシステムをめざしてプログラミングを行っています。
社内インフラの整備に関しては部署メンバーにほぼ任せています。例えば、普段社内メンバーが使用するサーバーのメンテナンスなども業務の一つです。このメンテナンスを怠ると必ず不備が出てきてしまいます。
開発部の業務は、普段なかなか表に出ることが少ないですが、クライアント様や社内メンバーが日々快適に作業を行うようにするための重要な業務を担っていると考えています。
澤田 圭亮

開発部マネージャーとしての苦悩

私自身、マネージャーという立場である一方、社外案件を抱えながら業務を行っていますので、もっとメンバーのために動ける時間を作れるような仕組みを整えることが、開発部マネージャーとしての課題です。
メンバーのもつ優秀なスキルをもっと生かせないか、もっと社会への価値提供につなげられないか考えることも多くあります。メンバーのスキルや特性を最大限発揮できる環境を整えることで、開発部自体のレベルをグッと上げることができるのではないかと考えています。

今後のビジョンについて

プログラマーやシステムエンジニアというと、もらった案件に対して的確に情報処理を進めていくといった、どちらかというと仕事に対して受け身なイメージを持たれてしまうこともあります。しかし、本当はどんどん「生み出していく」ことこそが開発部の業務の魅力だと考えています。
「こんなシステムやサイトがあったらいいのに」といった要望をカタチにできるようなクリエイティブ集団として開発部が存在することで、エックスラボをより強い組織にしていきたいと思います。

澤田 圭亮

一日の流れ

  • 10:00

    全体朝礼

    テレワークメンバーも参加できるよう、Zoomを活用して全体朝礼を行います。
  • 10:30

    マネージャーミーティング

    マネージャー以上の役職者が集まり、週次でミーティングを行います。協議事項に関して議論を行い、会社としての方針を定めていきます。
  • 12:00

    担当案件のプログラミング業務

    現在担当している案件のプログラミングを進めていきます。
  • 13:30

    昼食

    普段は弁当を持ってくることが多いので、デスクでのんびり休みながらひと息つきます。
  • 14:30

    事業部長との週次ミーティング

    グロースハック事業部の事業部長と週次でミーティングを行い、開発部としての進捗や課題点を報告していきます。
  • 15:00

    担当案件のプログラミング業務

    プログラミングは長期間に渡って対応する案件も多いです。午前に対応した業務の続きを行います。
  • 18:30

    各プロジェクトの進捗確認

    自分の担当案件の進捗報告はもちろん、部署メンバーが滞りなく対応できているかも把握しておきます。
  • 19:00

    退社

    仕事はon off のメリハリが大切です。今日すべきことを片付け、退社します。

ENTRY

やる気がある方々のご応募お待ちしております。

  • 新卒採用

    XLabでは、2020年度より新卒採用を開始しました。学生の皆さんならではのエネルギーや刺激は、会社にとっても大きな力となります。皆さんのもつ力を思いっきり発揮できる環境が、ここにはあります。

    エントリーはこちら
  • キャリア採用

    XLabは今、組織としての成長スピードを上げるために大きく舵を切っています。今まで培ってきた経験やスキルを生かし、即戦力となって事業成長の立役者の一人として活躍してくれる方を募集中です。

    エントリーはこちら
  • rec-ft-img
  • rec-ft-img
  • rec-ft-img
  • rec-ft-img
  • rec-ft-img