インターネット広告代理業 Internet Advertising Agency

  • >
  • インターネット広告代理業

ダイレクト・レスポンス・マーケティング専門のインターネット広告代理店

XLabのメイン事業である広告代理店業務。広告費をお預かりして、様々なメディアを活用したクライアントの売上UP支援を行っております。

貴社は、広告費を経費と考えていませんか?

損益計算書上では販管費の勘定科目で処理される広告宣伝費。
これを経費と考えた時点で、仮に元が取れていないと判断すれば、社長や経理担当者は「削減しろ!」となります。もちろんその判断自体は間違いでは無いかも知れませんが、本当にその広告費は無駄な経費だったのでしょうか?

image01

LTV(顧客生涯価値)と言う考え方

弊社及び弊社クライアントの多くはLTVの考え方を重要視しています。
例えば、とあるエステ会社様。お試し価格3,000円、毎月10,000円/月2回のエステコース等の商品ラインナップです。このクライアントは以前、別の広告代理店で元が取れていないという事で弊社に依頼がありました。

広告費は経費から投資へ

弊社はこの様に考え、クライアントに利益をもたらした上で、その利益を広告費に再投資して頂いて成長してきました。特にインターネット広告は様々な形で私達の生活に浸透し、PCのみならずスマートフォンやタブレット端末等で日常的に接する時間が増えてきました。

私達はめまぐるしく変遷するインターネット市場でユーザー行動を的確に掴み、クライアントに適切な場所(メディア)で適切な投資する事をサポートしています。

フロントエンド商品開発やバックエンド商品開発

セールスプロモーション作りからお手伝いが必要な際は、企画会議から参加させて頂きます。
ダイレクトレスポンスマーケティングを主軸で行う時に必要なフロントエンド・バックエンド商品の企画立案からお手伝いさせて頂きます。もう少し踏み込むと様々なオファーをテストし、クライアントのサービスの魅力を最大限に引き出す業務まで行っています。

XLabの取り扱うインターネット広告

image02

上記を含めた殆ど全てのインターネット広告を取り扱っております。
きちんとターゲティングされたペルソナ相手に、地域・性別・興味関心・年齢等のセグメントを図り、適切に運用致します。広告分やキーワードのABテストも細かく行っており、最適なCTR・CPM・CVR・CPAで運用できるよう、細かくチューニングしています。

コピーライティングや各種HP・LP制作・システム開発業務

弊社は広告を売って終わりと言う代理店ではありません。
いくらアクセスが集まってもHPやLPのCVR(成約率)が悪ければ、クライアントには貢献出来ません。弊社はHPやLPの見直し、必要であれば企画会議から参加させて頂き、市場ニーズにあった商品開発及びHP・LP制作の企画立案を行っています。
その上でダイレクト・レスポンス・マーケティングをベースに行っていますので、専門コピータイターによるセールスライティングも重要視しています。

またディスプレイ広告においては、クリエイティブバナーの制度が広告の成否の大きな部分を担っています。バナー作成においても、背景色・キャッチコピー・配置・サイズ・イラストや写真などを様々な形で組み合わせテストして、最適なCTRを目指します。

セールスプロモーションや業務効率に改善の必要性を見つけた際には…

貴社の業務オペレーションに合ったCRMマーケティングでは、独自のCRM開発を行い、業務のシステム化を含め、業務改善を行い、収益アップに貢献致します。

アクセス分析から導き出すPDCAサイクル

どれだけプランニングしても、実行したら、思うように行かなかった・・・、なんて日常的な事です。PLANして、DOしたら、CHECKし、そして再ACTIONします。
広告の管理画面やアクセス解析ツールに何かしらのヒント(係数)が溜まっていますのでDaily、Weekly、monthlyで見直し、人を育てるのと同じようにHPやLP、広告やバナーと言ったものを育てます。そしてまた運用を続ける事が重要です。

image03

クライアントの多くは、弊社との取引を継続しています。
その理由は・・・

弊社が「費用対効果」を合わせた上で、顧客ニーズに応えているからに他なりません。

クライアントのLTVを高めるのと同様に弊社自身もLTVを重要視していますので、新規顧客を獲得するよりも、既存顧客の満足度を高めていく事が最重要なのです。

だから私達のモットーは下記なのです。

image04